溢れ出る「負けたくないオーラ」が、熱気とともにプライドに昇華され、強烈な輝きを放つ。どんな時も本気だからこそ守屋茜は美しいのだ。いずれ「常勝女子」と呼ばれることになるであろう彼女の、進化前夜の姿を堪能して欲しい。

真冬に冷房を要求これぞ守屋スタイル

――今回のグラビアのテーマは「本気の守屋茜」です。手加減なしの美しさというか、だいぶ本気モードでしたね。

守屋 本気でした!(笑)

――撮影中にスタジオが寒かったので暖房をつけようとしたら、「気が緩んでしまうから」という理由でそれを断り、逆に「冷房はつきますか?」と聞いてきましたね(笑)。あれは衝撃でした。

守屋 徹底的に寒い中でやりたかったんです。暖かいところにいると顔のむくみも気になりますし、眠気も襲ってくるので、気合を入れようと思って。

――そうやって楽をしようとせずに、あえて自分を苦しい状況で戦わせるストイックさが守屋さんの真骨頂ですよね。しびれました!

守屋 フフフ(笑)。せっかくグラビアで出させて頂くからには無駄にするわけにいかないですし、ちゃんとした姿を見て頂きたいじゃないですか。自分が納得するまでやりたいんです。

――そのストイックさや、ド根性ってどこで培われたものなんですか?

守屋 部活でもプレッシヤーのかかる試合を任されることが多かったので、そこで鍛えられたというのもあると思います。

――なるほど。勝負事の時に誰よりも本気で戦う姿勢も、きっと部活の経験が生きているんでしょうね。守屋さんの一番素敵なポイントだと思っています。

守屋 ありがとうございます。欅坂46に入るって決まった時から、今までずっと全力です。そこが一番ファンの方に見て欲しいところなので。

――でも、いくら全力を尽くして頑張っていても、何かに悩んで落ち込むことも時にはありますよね?

守屋 もちろんありますけど、家に帰ってもまだ落ち込んでるままだと、どんどん落ちていく気がするので、寝る時に無理やりにでも気持ちを上げますね。

――切り替えができるからこそ、また次のことに全カを出せるんでしょうね。そんな守屋さんから見て、他に負けず嫌いでストイックなメンバーっています?

守屋 鈴本(美愉)もやるって決めたらやるタイプですね。あと小林由依。あまり表には出さないですけど、私と同じくらい負けず嫌いだと思います。

――リレー対決でも守屋さんと小林さんはアンカーで競ってましたもんね。今後もお二人の名勝負を期待しています!

守屋 はい!絶対に負けません!