2016年、HKT48で最も活躍したルーキー3人!それぞれの大飛躍・大成長・大抜擢の理由は……?昇格後初めてという3人揃ってのインタビューはもう、大騒ぎ!

伸びたのは身長だけじやありません!

――2016年は3人にとって飛躍の年になりました。

松岡 本当にいろんなことがあったよね。昇格して、チームTⅡができて、コンサートにちゃんと出演したのも、ツアーに参加したのも、全部、2016年がはじめてだったから。

村川 そっか。全部、今年か!

松岡 こんなにたくさん「おめでとう1」って言われた1年は、生まれてからはじめてだと思う。

――松岡さんの場合、さらに『最高かよ』でセンターに抜擢される、という最上級の「おめでとう!」がありました。

村川 いつか、はながセンターになると思ってました。ダンスも上手だし、可愛いし。だから、最初に聞いたときは、素直にうれしかった!

今村 うん!これでドラフト生が有名になればいいなって。

村川 私たちもオマケでお願いしますって感じで(笑)。そりゃ、まあ、悔しさもありますけど、それよりもうれしい気持ちのほうが大きいです。

松岡 うれしいなぁ。2人がそういう風に思っていたこと、今、はじめて知ったから。でも、私からしたら、この2人に負けないように必死だったんですよ、個性が強いから……今は公演が始まったので、特技のダンスを頑張って、負けないようにしたいです。

――初のセンターはいかがでしたか?

松岡 ずっと緊張してます。いまだに緊張してます。とてもいい経験をさせていただいたな、とは思うんですけど、大変でした。それに選抜には同期がひとりもいないから……。

――なかなか相談することもできないですもんね。でも、次の新曲『バグっていいじゃん』には今村さんが初の選抜入りを果たしています。

今村 びっくりしました!まだまだだと思っていたので。でも、私、すごく変わったんですよ。まず身長が伸びました。HKT48に入ったときは129cmだったけど、今は137cmです!

松岡 8cmも伸びたの?

村川 逆に今より8cmも小さかったことにびっくりだわ!人間ってすごいね。ずっと一緒にいると、そんな大きな変化にも気づかないんだね(笑)

今村 小学生のときは1年で1cm伸びるかどうかだったのに。最近、お部屋の天井がすごく近く感じたり、こたつが小さいなって思ったりします。

村川 いやいや、それはさすがにオーバーでしよ(苦笑)。

今村 本当に届きそうなの!

松岡 届くの?

今村 届いたことはないけど(苦笑)。でも目標は160cmだから!

松岡 それって、はなよりも大きくなっちゃうよ!

今村 変わったのは身長だけじゃなくて、結構、しゃべれるようになりました。

村川 たしかに!今日、一番しゃべってるぐらいだもんね。

今村 昔はこういう取材でも「うん……」くらいしか言えなかったから。

――今村さんが変わったきっかけはあるんですか?

今村 SHOWROOMです。はじめてやったときに、いろんな人から「楽しかったよ」「よくしゃべるんだね」って言われて、すごく自信がつきました!

――これはトークには定評のある村川さんもうかうかしていられませんね(笑)。その村川さんも今年『HKT城、今、動く』(『74億分の1の君へ』の力ップリング曲)で堂々のセンターを務めました。

村川 なにも知らずにMV撮影の当日に(支配人の)尾崎さんから「今回は緋杏をメインで考えている」って言われて(苦笑)。もっと早く言ってくれれば、コンディションとかもっと整えてきたのに(笑)

松岡 でも、緋杏っぽい曲だよね。メンバーもみんな気に入っているし、ライブとかでどんどん歌っていきたいよね。

村川 うわぁ、それはうれしい〜。いつかはさ、この3人で歌うユニット曲ができたらいいなぁ。

力を合わせるのも、ライバルなのも「3人」がちょうどいい

――先月号で3人のキャプテンに「HKT48アワード」を決めてもらったんですけど、MVPが松岡さん、そしてバラエティー部門では満場一致で村川さんが選ばれました。

村川 ホントにうれしかったです。私はダンスも未経験で苦手だし、見た目も中身も全然、アイドルじゃないから、なにが自分の武器になるんだろう、と考えたとき「しゃべれる」ってことなのかなって。だから劇場公演のMCはもちろんですけど、テレビ番組に出させていただくときにも、そこはすごく意識してきました。

――3人が揃っているときの劇場公演を見ていると、本当にバランスがいいな、と感じるんですね。松岡さんのセンター感は圧倒的だし、MCコーナーでは村川さんがひたすら盛りあげてくれるし、今村さんはもうどこにいても目立つ(笑)。同期だけで、ここまでバランスが取れているって、なかなかないと思います。しかも3人しかいないんですから。

松岡 最初は3人しかいなくて寂しいなと思ったんですけど、今となっては3人でちょうどよかった。力を合わせるにも、ライバルとしても。

――以前、本誌で取材をさせていただいたときに「3人でカラオケに行く」という話をしてくれましたが、そういう関係性は変わっていないんですか?

村川 変わってないですね。

松岡 意味のないことばっかり言い合ってね。

今村 なんか時間のムダだよって、ことばかりしゃべっているけど、それがなんか楽しい!

――まさに同期ならでは、ですね。

松岡 最近、めっちゃうれしかったのは、先輩方から「3人をドラフトでとってよかった」って言われたこと。本当によく言ってくださるんです。

――最近、言われるということは、やはり4期生が入ってきて、より3人の色が強くでるようになったからだと思います。12月21日からはチームTⅡと4期生による「手をつなぎながら」公演が正式にスタートします。おそらく、2017年、もっとも注目されている公演だと思います。

村川 TⅡは人数が少ないから公演はできないのかな、と思っていたんですけど、4期生と一緒にやれることになって。ただ、4期生は後輩だけど、ちょっと怖いです。いろいろできちゃう子が多いから負けていられないなって。

今村 もうフレッシュさでは負けている気がする(苦笑)。でも、私、ついに最年少じゃなくなりました!

村川 4期生からは「麻莉愛さん」って呼ばれてるもんね。

今村 今までは4期生に「おはようございます」って言ってたんだけど、最近、やっと「おはよう」って言えるようになったの。

松岡 ちょっと先輩っぽいね。それはよかった(笑)

今年が「飛躍の年」だとしたら来年は「結果を出す年」にしないと!

――3人にとっては、本当にいいタイミングで後輩ができましたよね。次のステップを踏むきっかけになりそうです。

村川 でも、本当に4期生が勢いがあるので、私たちも今年の倍、3倍ぐらいの勢いで頑張らないと、追い抜かれちゃうから。2016年が「飛躍の年」だとしたら、2017年は「結果を出す年」にしないといけないなって思います。

松岡 本当に2016年は「びっくり」が多かったけど、2017年はちゃんと結果を出して、「実感」できる1年にしていきたいよね。

――ちょうど2017年の話が出てきたところで、みなさんそれぞれの「2017年の抱負」を語っていただいていいですか?

松岡 そうですね。やっぱり総選挙になるんでしようか。今年、いろんなことを経験させていただいた分、やっぱり期待もしていただいていると思うんです。だから、もし来年も総選挙があるんだったら、絶対ランクインしたいです!

――目標の順位はあるんですか?

松岡 とてもそこまでは考えられないですよ(苦笑)。とにかく入ることができれば、もう、それで……。

今村 私はもっとテレビにたくさん出たいです。さっきも言ったように、もうたくさんしゃべれるので、お願いだから……出してくださーい!

村川 営業までできるように(笑)

――でも、こうやってアピールすることは大事ですから。……なんだかんだいって、こうやってトークをしていると、自然と村川さんが最後にまとめる流れになるんですね。では、ピシッとお願いいたします!

村川 とにかく知名度をもっと上げていって、48グループから必要とされる人材になりたいです!

――そう聞くと、すごく大きなコンサートでまゆゆ(渡辺麻友)やゆきりん(柏木由紀)を相手に、ガンガン切りこむようなトークを展開していくような姿を想像してしまいます。

村川 夢は大きく持ちます(笑)。でも、そうなるには、まずHKT48から必要とされる存在にならないと……同期2人が次の曲で揃って選抜入りしているから、追いつかなくちゃいけないし、うわぁ、2017年のことを考えると、もう手汗が止まんないわ(苦笑)

松岡 3人で頑張っていこうよ!

今村 うん!みんなで頑張ろう!