宇宙人説

――今回のツアーを乗り切ったことによって、乃木坂46への愛情や愛着に変化はありましたか?特に齋藤さんはツアー中のMCで幾度となくメンバーへの感謝の思いを伝えていましたよね。

齋藤 うん、変化ありましたね。前からメンバーは優しくしてくれていたけど、やっぱりこの期間は特にそれを感じて。私はあまりひとに興味がないからみんなのことをよく理解できてなかったんですけど、今回のツアーでメンバーをより深く知ることが出来ました。だからより良いグループになるといいなと思うし、グループとしてどうしたら大きくなれるかを考えるようになりましたね。

――メンバーの支えというところでは、神宮公演を目前に控えたブログで生駒さんのことを書いていましたよね。「生駒ちゃんの言葉には力があります。しかも声をかけてくれるタイミングがいつも絶妙」と。

齋藤 生駒ちゃんはもう経験値が違いすぎて……生駒ちゃんが出す言葉には本当にハッとさせられることが多くて。しかもそれを上っ面じゃなく、ちゃんと考えて絞り出して言ってくれるから信用できるんですよね。そういうメンバーがグループに1人いてくれるのは私にとってすごくありがたかったし、乃木坂46にとってもいいことだと思います。

――秋元さんはどうでしょう?

秋元 地方公演では(桜井)玲香が体調を崩していなかったこともあって、こういうときにグループの状態をちゃんと維持できるようにしなくちゃっていう意識や団結力みたいなものは確実に増してきてますね。私は決して引っ張っていくタイプではないんですけど、出来る限りそういう先頭に立っている子をサポートしたり、作業が円滑に進む手助けができたらいいなって思っています。私にかぎらず、グループ全体でも他人任せではなくなってきところはありますね。

――秋元さんもブログで「人は無理だと思ったところからまだもう一段階も二段階も上へ行けることもこのライブで学びました」と書いていましたが、グループの経験値が飛躍的にアップした印象は受けました。

秋元 アイドルって表向きとしてはキラキラ輝いていてかわいいイメージがあると思うんですけど、実は精神的にも体力的にも強くなれる場所なんですよね。こういう大きなイベントを乗り越えた後では余計にそれを感じます。団結力も強くなったし、乃木坂46として越えられない存在にならなくちゃいけないなって。それは他のアイドルに対してもそうですし、妹分の欅坂46にとっても先輩として恥ずかしくない状態でいなくちゃいけないと思ってます。

――では、最後はツアーと同じように齋藤さんに締めていただきたいと思います。今回、センターを務め上げたことで齋藤さんが得た最大の収穫は何だと思いますか?

齋藤 なんだろう……「人間になれたこと」が一番の収穫ですね。

秋元 フフフフ。

――いままではなんだったんだっていう(笑)

秋元 そうそう、いつも飛鳥と言ってるんですよ。本当はどちらかは宇宙人なんじゃないかって。

――ん?どういうことですか?

秋元 リハの時に気づいたんですけど、私と飛鳥が鏡に向かって並んだ時に「あれ?」と思って……なんか遠近感がおかしくなっちゃったんですよ!私が明らかに後ろにいるのに、完全に飛鳥の顔のほうが小さくて……そこから「どちらかが宇宙人説」が出てきたんです。

――でもそれはやっぱり齋藤さんが宇宙人なんじゃないですかね?

秋元 やっぱりそうですよね!

齋藤 うそだ!違うよ!私はふつうなんだよ!

秋元 飛鳥は中身だけ人間に近づいてるんだよ!

齋藤 中身だけ?

秋元 そう、外見はまだまだ宇宙人!


齋藤飛鳥 1998年8月10日生まれ、東京都出身。この夏の主役を張り続けてた、無双少女。彼女が故郷で発し話題となった「張り切りチャイティーヨ」は、2016年乃木坂流行語大賞の最有力候補。プリクラは撮らない派らしい。愛称は「あしゅ」。

秋元真夏 1993年8月20日生まれ、埼玉県出身。狙った獲物は逃さない、乃木坂のゴルゴ13。大量の職業コスプレを所持しており、クローゼットの中がキッザニアと化している。クレームが出るほどイビキがうるさい。愛称は「まなったん」。