最新シングルでセンターに抜擢された1期生最年少となる17歳の齋藤飛鳥。最新シングル10福神からもう1人の10代で、14年にセンター経験のある生田絵梨花と乃木坂46の「センター」についての思いを語り合う。

齋藤 少し前から取材などで「センターをやりたいですか?」と聞かれることが増えて、自分がセンターに立った乃木坂46をイメージしてみましたが、しっくりこなかった(笑)。だから、今回センターだと聞いて驚きました。基本的に自信がないタイプだし、真夏の全国ツアーという、乃木坂46にとっての大事な時期に私が…と最初は戸惑いしたが、「不安だ」とか「無理」と言うことは、センターを目指していたり、アンダーとなったメンバーに失礼だろうと、今は気持ちの整理がついてきました。

生田 飛鳥はそう言いますけど、ファンの方たちは、そろそろと思っていたはずです。乃木坂46は「センターはやりたくない」と言っているメンバーほどセンターになりやすいし。

齋藤 えー、そうなんだ。

生田 以前の飛鳥は末っ子的キャラだったのが、女の子が憧れるようなっかわいさになって、ぐんぐん光ってきています。私の時は学業戦年の休業明けで、自分で掴んだというより不意に飛び込んできたセンターだったから、飛鳥に教えられることは何もないかな。

齋藤 そう言わずに、いろいろ教えてよ(笑)。

生田 センターになるとみんなを代表して1人でしゃべる機会が急に増えるんです。周りからも、なにかセンターらしい発言を期待されていると感じて、気負いすぎて、結局何も言えなかった。でも、飛鳥はみんなが救いの手を差し伸べてくれるタイプだと思うので、力まず委ねれば、自然とうまくいくんじゃないかな。なーちゃん(西野七瀬)もセンターになって変わったから、飛鳥も今後の変化が楽しみです。最近の乃木坂46は毎回のようにセンターが変わっていますが、現役女子高生の飛鳥がセンターになったことで、また新たな風が吹くと思います。

齋藤 新曲の十福神の中に、10代は、2人だけなんですね。

生田 私もそう聞いてびっくりしました。でも、フレッシュさって年齢がすべてではない気がする。飛鳥がセンターになって、20代のメンバーも「フレッシュさでは負けない」ってなるといいですね。

齋藤 私も、乃木坂46で年齢を意識したことはないかな。3期生が入ってきますが、今「若い子が増えてほしい」と特に感じない。

生田 3期生のオーディションが始まったし、欅坂46が頑張ってるけど、焦りはないです。私たちは恵まれた環境のなかで生まれたグループだとずっと思っているので、欅坂46のメンバーたちも、「自分たちだけの力ではない」という気持ちを持ち続けてほしいですね。

齋藤 新曲の選抜には2期生から未央奈ちゃんときいちゃん(北野日奈子)が入りましたが、年齢も自分と近い2期生からは必死さを感じて、刺激を受けています。

次のページへ