ステージで、言葉で、映像で、自らの「存在意義」を示し続けてきた。その積み重ねの上こ、今のまりっかは立っている。そして、もちろんグラビアでも他の誰ともかぶらない独創性を魅せてくれるのが、伊藤万理華というアイドルだ。

乃木坂46にいて自分ができること

――この1年は伊藤さんにとって激動の一年になったと思います。

伊藤 乃木坂46の活動のターニングポイントになった1年かもしれないです。自分を変えようと試行錯誤し続けました。

――選抜もアンダーもどちらも経験した1年でしたよね。

伊藤 それもそうなんですけど、夏前くらいから、まいまいの卒業ライブ、アンダーライブ、全国ツアーってライブが続きつつ、その期間中に舞台もあって、ずっと休みがない状態で表に出る機会があったから変われたのかなと思います。何かを表現することの楽しさをあらためて感じることができました。

――自信もついたんじゃないですか?

伊藤 自信もそうですけど、欲って言うんですかね。「もっと何かしたい!」っていう欲が現れた感じです。例えば、今まで個人PVとかで一緒に作品を作らせて頂いた監督さんとは、またいつか一緒にお仕事したいなってすごく思います。そういう繋がりがあるのは幸せなことですし、自分が乃木坂46にいて出来ることってそれだと思うので。あと、最近思うのは、仮に自分が表舞台に立つことが出来なくなったとしても、裏方のお仕事としても関わりたいくらい、映像の世界が好きってことですね。

――そういえば、先日3期生メンバーの取材をしてきたのですが、皆さん共通して悩んでいたのが「自分の個性をどう出していけば良いか」という点なんです。個性を出しまくりの伊藤さんから、何かアドバイスできることはありますか?

伊藤 私はそんな立場じゃないです(笑)! でも、私から言えるとしたら、一般的には自分はこういうふうに思われてるんだっていう目と、自分はこういう人間なんですよっていう自分でちゃんと定義出来る何かを両方持つことが大事だと思います。

――バランスを見失ってはいけない、ということですか?

伊藤 そうですね。とにかく最初のうちは悩むはず。でも、悩みながら必死にガムシャラに何でもやってみるしかないんですよ。そこでいろいろなジャンルを経験してみて、得意そうだなと思ったら、まずはそっちを極めることが大事だと思います。私もそうしてきたので。

――貴重なアドバイスありがとうございます。機会があったら、ぜひ3期生の方にも直接お話してあげてください!