――3人での撮影はどうでしたか?

北野 ほぼ同じ年齢の3人だから、なんだか同じ学校の友達同士で遊びに来たみたいで、面白かったです。

江籠 あ、そうだね!この3人が同じクラスだったら楽しそう。

高寺 絶対に「そこ、おしゃべりうるさい!」って先生から怒られるよ。

――では、そんなクラスメート同士のおしゃべり感覚で、バレンタイン・トークをしましょうか!

江籠 はい!小学生の頃って、学校にチョコレートを持ってくるのって、禁止じゃなかった?

高寺 そうそう、禁止だった!

北野 だから学校が終わってからそっと会って渡したよ。好きな子がいたから、ハート型の手作りチョコをこっそり渡したんだよね。

高寺 義理チョコも?

北野 本命にしか渡してないもん!学校で渡すと私が誰のことを好きかみんなにバレちゃうから、学校が終わってからひとりで相手の家まで持って行って、ピンポーンって呼び鈴を押して。でも、そうするとお母さんとかが玄関に出てくるから、すごく緊張しちゃうんだけど。「北野瑠華ですっ!〇〇くんいますか?」って思い切って言って、渡したの!

江籠 カッコイイ!家に直接って、けっこう勇気がいるでしょ。

北野 勢いですよ。

高寺 その時って手作りだよね。バレンタイン・チョコを家で作ると、家族にバレちゃわない?

江籠 だよね!「誰にあげるの?」って絶対聞かれてちょっと恥ずかしい。

北野 だから私は、料理を作るのが上手な友達の家で教えてもらいながら作ったよ!

高寺 えー、いいなぁ。私、生チョコ作ってみたいな。

――取材のときに高柳(明音)さんから聞いたんですけど、生チョコって溶かしたチョコに生クリームを混ぜて固めるんですってね。

江籠 そうなんだ!さすがちゅりさん。

北野 私は溶かしたチョコを、もう一度ゆるく固めるのかと思っていたよ。

高寺 それ、ただのチョコに戻っちゃうだけでしょ!

江籠 私は、あまりバレンタイン・デーに参加した記憶がないんですけど、”友チョコ”をー回だけ、仲のいい友達にあげたことがあります。相手は女の子なんですけど。

高寺 見た目がかわいいチョコを見つけると、買って友達に渡したりするよね。自分の分も買ったりして。私は、やっぱり学校の中でチョコを渡すのが禁止になっていたから、放課後に友達同士で集まって、チョコの交換会をしていました。今は、SKE48のメンバー同士で(笑)

北野 バレンタインデー近くになると、お店とかのBGMでSKE48の『チョコの奴隷』が流れるのもうれしい!

――今年のバレンタインは、SKE48のメンバーにチョコを渡すなら、誰に贈りたいですか?

江籠 (大矢)真那さんへ贈ります!手作りの方がいいのかな。

高寺 江籠さんからなら、どっちでも喜ぶよ。私は、(佐藤)すみれさんへ贈りたいです!すみれさんってすっごくかわいくて、私の憧れなんですよ。オシャレだし、とっても優しいんです。

北野 すみれさんってスタイルもいいし、メンバーの憧れだよね!私は……うーん、一応、(斉藤)真木子さんに贈っておきます。世話になってるし。

江籠 一応、って(笑)

高寺 真木子さんとケンカしてたんだよね。確か思いっきりバカバカしい理由。

北野 そうそう。宅配ピザの注文をめぐる、しょーもないことでケンカを。それと、移動用バスの席をめぐる、先輩と後輩としてのケンカ(笑)

江籠 しばらくの間、会っても口をきかなかったんでしょう?

北野 宅配ピザのときは約1週間。バスの座席のときは長くて約1ヶ月(笑)

――けっこう長い期間ですね。今は和解したんですよね?

北野 はい。しばらくはお互い目が合わないようにしていたんですけど、ある日偶然目が合ったときに見つめあってしまい、そこから2人とも「わっ」って泣いて抱き合って、「ごめんなさい!」って謝って和解しました(笑)

高寺 付き合いたてのカップルか!

江籠 じゃあ、やっぱり真木子さんに”いろいろごめんなさい”チョコを贈らないとね。

高寺 ”一応”とかじゃなくてね。

北野 全部私が悪いわけじゃないけどね!

高寺 また意地を張って。ますますカップルだよ、そこの2人(笑)

――チョコを贈る理由はそれぞれ違いますけど、ぜひ今度のバレンタイン・デーには今宣言したメンバーに贈ってあげてください!さて、ここから話はガラッと変わって。みなさん、お仕事や学校のことで忙しいとは思うんですけど、テレビ番組ってどんなのを見ているんですか?

高寺 私はサスペンスものが好きです。2時間ドラマのサスペンスものって、いつも見ちゃうんですよね。

北野 気が合う。私もサスペンスもの好きだよ。推理が入るものが好き。ちょっと前だと『砂の塔』とか。

江籠 私は……実はあんまりテレビを見ないんです。バラエティー番組みたいに、いつ見てもわかるものは家族と一緒に見たりするんですけど、ドラマみたいにじっくり腰を据えてっていうことが苦手なんですよ。途中で席を立って、そのままテレビの前に戻ってこないことが多くて。でも、SKE48のメンバーがドラマの話をよくしているので、2017年はちゃんと見てみます。今年はドラマデビューする!

高寺 江籠裕奈、2017年ドラマデビュー。

北野 って言うと、江籠ちゃんがドラマに出るみたいだね(笑)

――いいですねえ。では、自分がドラマに出演するなら、どんな役柄になりたいか教えてください。

江籠 私は、今までお芝居をさせていただいたときの役柄が、いつも”大人しい”か”真面目"だったので、いつかは不良というか、ヤンキーものに出てみたいです。SKE48の全国ツアーのコーナーでは、グレて暴れるっていう役をやらせてもらったんですけど。それがとても楽しかったので。

北野 特攻服に書かれた”江籠裕奈”の文字が異様に強そうだったよね。

高寺 江籠ちゃんのグレた姿、見たかった!私はポンコツOLの役がいいな。先輩にくっついていって数々の失敗をするという。一番やりたいのは刑事もので、主人公の刑事にくっついて行動する部下の女性刑事役。で、毎回ミスをして「すみませーん!捕り逃がしましたー!」て言うの。

北野 高寺さん、ピッタリだよ、その役柄!

高寺 力を込めて言わないで(笑)

北野 私も大好きな刑事サスペンスものに出たいんですけど、役は刑事じゃなくて、”犯人にとらわれて助けを待つ社長の娘”をやりたいです。

高寺 そこ”社長”っていう設定いる?普通に”犯人にとらわれた女子高生”でいいじゃん(笑)

北野 ”社長の娘”は外せないなぁ。私にとってはそこが大切なので。

高寺 そして刑事役は真木子さん。無事救出したのち、安心した2人が見つめ合って泣く!

江籠 わぁー、見てみたいです。是非チームEのツアーでやってください(笑)