まいまいの卒業で、ついにこの短期集中連載も今回で最終回。ゲストは初期から仲良しの”まりっか”こと伊藤万理華ちゃん。深い関係の2人だからこそ醸し出せる、自然体の雰囲気が満載の対談になりました。

意外と知られていない2人だけの深い関係

――2人の関係ってそこまでおおっぴらにはなっていないけど、2月の46時間テレビでも端っこのほうで楽しげにしていたり、実は深い仲なんですよね。

深川 ファンの方に「最近、仲いいよね」と言われるんですけど。

万理華 最近じゃないんです。言うたら一番最初から仲がよかった。かといって、「○○コンビ」とも言わずにいて。でも、一度コンビ名を考えたことはあるんだよね。

深川 「まいまり」とかね。

万理華 それも語呂が悪いと思って(笑)。

深川 「みなみおな」みたいに名前がつながるといいですけどね。私が考えて「”グリーン”にしよう」って。

万理華 私の家に遊びにきた時、「グリーン」なんて言うから「バンドじゃないんだから」って否定しました(笑)。

深川 2人とも緑が好きだからいいと思ったんだけどな。結局はコンビ名がなくてもいいかって。

――で、いつごろから仲良くなったんですか?

万理華 オーディションの時からです。最終審査の発表前の空き時間にまいまいがかずみん(高山一実)としゃべってて、そこに私が加わった!

深川 懐かしい(笑)。

万理華 (中元)日芽香も来てわちゃわちゃ話してました。

深川 おでこを出してる万理華が井上真央ちゃんに似てたんですよ。

万理華 まいまいに言われて「そんなことないよ~」って返したんですけど、あの頃は距離感があったなと思う。

深川 乃木坂46の活動が始まってからは『狼に口笛を』でも一緒だったし、段々と仲が深まっていきました。かといって、この日のこの会話で仲良くなったなというのはないんですよ。自然の流れなんです(微笑み)。

――あの時期は選抜とアンダーという意識はあったんですか?

万理華 その時のほうが強く意識してたよね。

深川 うん。

万理華 初めて分けられて2枚目からはMVも作られたけど、それまでの期間はアイドルになりたてだから落ち込むことも多かったです。

深川 廊下で「選抜に入れなかったけど頑張ろう」って話したことを覚えてます。

万理華 え! 覚えてない!

――2人は空気感が近いなとは思いますか?

深川 気を遣わなくていいというか無言でも苦にならない。2人ともテンションが高い時もあるけど、ずっとキャピキャピしてるわけじゃないので。

万理華 もちろん仲がよかったんですけど、まいまいは優しくてみんなと分け隔てなく接していたから、特別に私と仲がいいわけじゃないのかなと思ってて。

深川 あ〜、なるほど(笑)。

――好きなモノが近いというのもありかますか?

万理華 それはあるかも。

深川 2人とも雑貨が好きで。高円寺だっけ?

万理華 行った!『気づいたら片想い』の時期に。

深川 万理華に高円寺を案内してもらったことがあるんです。それと、今年に入って初めて万理華の家に遊びにいったんですけど、インテリアがかわいくて思わず写真に撮りました。

万理華 「撮っていい?」って聞かれて(笑)。うれしかったなぁ。『乃木坂って、どこ?』のバレンタイン企画でまいまいからチョコをもらった時は驚いた。

深川 ビックリしてたよね(笑)。

万理華 「なんでなんで!? 私が一方的に想ってるんじゃなかったの?」って。

深川 あの時、万理華は(桜井)玲香と両想いになってたけど(笑)。

万理華 企画がよくないんですよ(笑)。いまでは楽屋でもいつの間にか隣りにいる。なんか、まいまいが私のことを好きみたいで(笑)。

深川 いやいや、万理華のほうから来るんですよ(笑)。

万理華 違う、違うんですよ(照)。

深川 「あ、かばんを置いたな」と思うと、隣で万理華がうれしそうな顔をしてる(笑)。

次のページへ