「もしもし」の後に必ず「好きやねん」と言ってくる。相手が松村沙友理以外なら、きっと聞き飽きてしまうだろうけど、毎回ハッピーな気持ちになるから不思議だ。波音に消されないようにちゃんと言い返そう。

お尻の秘密

――「松村さんが最近また綺麗になった」というのが、ファンやメディア関係者の間で話題になっているんですが、取材現場とかで言われません?

松村 言われます!でも、何かを変えたからそう言われるようになったとかではないと思うんですよ。メイクも変えてないし、髪型も変わってないから……。

――ということは……?

松村 才能?生まれながらの可愛いの才能なのかも。

――間違いないです(笑)

松村 もしくは、ずっと可愛かったけど、時代がやっと私に追いついた?

――そのどちらかですね。……そろそろ真面目な話しましょうか(笑)

松村 すいません(笑)。やっぱり『CanCam』が大きいのかなと思います。専属モデルになりたての頃は、ほとんど毎号『CanCam』編集部に行って、実際に使われる写真と誌面では使われない写真の両方を確認したり、先輩モデルさんの写真とかをたくさん見せてもらって勉強していたので。

――毎日ハードスケジュールの中、そういった努力もされていたんですね。

松村 写真写りに自信がなかったんですけど、そういう経験で自然と磨かれたのかもしれないです。

――ちなみにご自身の容姿で一番好きなところってどこですか?

松村 お尻!私、本当に人の体を触るのが大好きで、メンバーのお尻を散々触っていたんですけど、私みたいなお尻の人はいないんです。

――差し支えなければ、どんなお尻なのか教えてください!

松村 お尻の肉がすごいんです!プニプニしていて柔らかいんですよ。お尻と太ももの境目の間に指が2本入るんです、それくらい柔らかい。ちなみに『生ドル』で女の子の体を触る「お触り占い」っていうのをやってるんですけど、逆に「ねぇ!私のも触って!」って、私のお尻を触らせるっていうのにハマってて(笑)

――でも、触って欲しいってことは自分のお尻によほど自信があるんですね。

松村 実はずっとコンプレックスだったんです。みんなと違って大きいのが。でも、4ヶ月前くらいから、急に自分のお尻が好きになりました!

――4ヶ月前に何があったのか気になります!(笑)

松村 あと、最近「口がハートの形をしていている」って、女の子によく言われます。

――たしかに言われてみればそんな形ですね!鼻の形も整っていて結麗ですよね。

松村 あぁ!鼻もメンバーやカメラマンさんによく褒められます。

――つまり全身可愛いってことですね!

松村 イェーイ!んふふー!


松村沙友理 1992年8月27日生まれ、大阪府出身。「食べている姿が可愛いアイドル選手権」において、無類の強さを誇る絶対女王。今回の撮影で焼いた魚を漫画のように綺麗に食べ(3匹)、マナーも兼ね備えた食いしん坊であることを証明。愛称は「さゆりんご」。