乃木坂46がメジャーデビューした約1年後の13年春、オーディションに合格した2期生メンバー。研究生という立ち位置でスタートした彼女たちは同年5月に行われた『16人のプリンシパル deux』でのお披露目、全国握手会での初パフォーマンス、そして「真夏の全国ツアー2013」東京公演への一部参加を除いて、しばらく表立った活動はなかった。個性を発揮することで知名度を高めつつある、2期生の3人が加入当時からの歩みを振り返る。

新内 合格直後の2期生は公式ホームページでのブログを日替わりで更新するぐらいで、みなさんに知ってもらうきっかけも少なくて。正直、結構つらかったよね。

北野 うん。研究生だけど一応乃木坂46には所属しているじゃないですか。でも、堂々と「乃木坂46のメンバーです」とは名乗れない感じがして。

鈴木 私はその頃、まだ地元の秋田に住んでいて。15年春に上京してくるまでは、全体で撮影があるときと大きなライブぐらいしか活動できなかった。自分で選んだとはいえ歯がゆさがありました。

新内 最初は1期生の先輩と接する機会もあまりなかったので、どう話しかけていいかも分からなかったし。同じグループのはずなのに、雲の上の存在でした。

北野 そこから(堀)未央奈が2期生で初めて、『バレッタ』で選抜入り(13年11月リリース)して、次に私が『気づいたら片想い』で選抜入り。でも正直私は、ひとつだけ空けてもらった席に座っただけ。本当に何も結果を残せなかったんです。

新内 (北野)日奈子が選抜に入ったのと同時期に、私もアンダーに昇格して。その頃にアンダーライブが始まったんですけど、あまり面識もない1期生のなかに入っていくのがすごく不安だったし、20曲ぐらいをすごく少ない期間で振り入れするのも大変でした。

1期生は結成当初から全員が正規メンバーとして活動してきたが、2期生は現メンバーが全員正規メンバーに昇格するまでに約2年間を要した。2期生という”後輩”としてひとくくりにされることが多いが、境遇はー人ひとり異なった。

北野 私たちが入った頃は、今みたいに乃木坂46の名前もそんなに浸透してなかった。しかもアンダーの先輩方の出番はまだ少なかったから、私たちはそこからさらに遅れたんですよ。

新内 だからこそ必死になって、自分でどうにか状況を変えようとした子が多かった気がする。

北野 でも、それぞれが違うタイミングで違う昇格の仕方をしているから、「みんなで頑張る」という感じでもなくて。

鈴木 個々で、自分なりに頑張る雰囲気です。だからといって、仲が悪いわけではなくて。

新内 アンダーライブが私たちの結束を強めたと思う。1つの目標を達成することでこんなにも絆が深まるんだなって。2期生は全員アンダーライブを経験しているので、そういう意味では先輩とだけではなくて、2期生同士の会話も増えたのは大きかったと思います

パイオニアは継続が必要

15年以降、乃木坂46の注目度が高まることで、2期生メンバーもスポットライトを浴びる機会が急増。それと同時に、それぞれの個性も際立ち始めた。

新内 日奈子は『ANNA SUI』とか『Zipper』のモデルを始めたぐらい(15年夏)から。(鈴木)絢音ちゃんは完全に舞台『じょしらく弐〜時かけそば〜』(16年5月)から火が着いたなって、思った。

北野 まいちゆん(新内)はOL兼任で話題になったよね。で、16年の春からは『オールナイトニッポン0』が始まって注目されるようになって。

新内 でも正直、「最近自分は注目されるようになった」って感じる?

鈴木 まだまだかな。

北野 でも絢音は『じょしらく弐』や『墓場、女子高生』とか舞台にも出てるし、「ガンプラ」(16年11月開催の「ガンプラEXPO」に鈴木がデザインした「ガンプラ」が展示された)もあるよね。

鈴木 ガンプラはちょっと趣味で作ってみただけです(笑)

北野 (伊藤)かりんの将棋ぐらいすごいと思う。だって乃木坂46では誰もそこの道を通ったことがないんだから。

新内 パイオニアって最初はなかなか認められないかもしれないけど、続けることで結果を残せると思う。私のラジオだって最初は「ひどい」としか言われなかったんだから(笑)。それに「乃木坂の〇〇の子」と言われるのはすごい強みだと思うよ。いくちゃん(生田絵梨花)が「乃木坂のピアノの子」、白石(麻衣)さんが「モデルの子」で浸透したように、北野は「Zipperの子」、絢音は「ガンプラの子」って呼ばれるようになったら、一気に知名度が上がると思うし。

16thシングル『サヨナラの意味』では堀、北野、新内の3名が選抜入り、アンダー曲『ブランコ』でもセンターを寺田蘭世が務め、2列目には鈴木、山崎怜奈渡辺みり愛が顔をそろえる。2期生がいよいよ乃木坂46にとって欠かせない存在になったといえるだろう。

北野 最近「何事にも覚悟が必要だ」ってすごく思うんだ。だから私たちも個性派がそろっていて、趣味を生かしたソロ活動をしている2期生というくくりの居心地のよさにいつまでも甘えていたらダメだと思うの。

新内 せっかく2期生も選抜に入るようになって、1年前には考えられなかった景色を見ているんだし。

北野 私たちが個々を高めていくことで、乃木坂46はさらに力を増していけるはずだと思っています。


北野日奈子 1996年7月17日生まれ、千葉県出身。15thシングル『裸足でSummer』から2作連続で選抜入りを果たす。『ANNA SUI』15年秋冬アジア圏ビジュアルモデルや『Zipper』専属モデルなど、ファッション面でも活躍中。

新内眞衣 1992年1月22日生まれ、埼玉県出身。乃木坂46唯一のOL兼任アイドル。16年春よりニッポン放送『オールナイトニッポン0』のパーソナリティーに就任し、新たなファン層を開拓し続けている。

鈴木絢音 1996年3月5日生まれ、秋田県出身。16年は『じょしらく弐〜時かけそば〜』『墓場、女子高生』と舞台に連続出演。また趣味だった「ガンプラ」づくりも、近年では「ガンプラEXPO」に出店するほど注目を集めている。