いよいよ本格始動する乃木坂46の3期生!彼女たちの前には無限の可能性と世間との戦いが待っている。加入して即センターを経験した先輩の堀未央奈は後輩たちに何を伝えたいのか?

似たもの同士

――初めての組み合わせとなる、この2人での撮影、いかがでしたか?

 しゃべったことがほぼなかったんですけど、撮影の合間にいろいろとお話しできました。こういう機会をいただけて嬉しかったです。

――どんな話をしたんですか?

 「好きな食べ物は?」とか。

山下 お寿司って言いました!

 私もメンバーを誘ってお寿司によく行ってるので、すごく盛り上がって!

――食べることが大好きですもんね。どんな人だと思っていましたか?

 大人しいコだと思ってました。あまり表情が変わらないなって。

山下 よく言われます。私はめっちゃ緊張してました。今日は朝からタ方まで先輩と2人きりじゃないですか。1週間前から3期生に相談してて。

 えー、そうだったの!

山下 でも、未央奈さんにたくさん話しかけてもらって緊張もほぐれて、楽しく撮影できました。

――撮影中、言ってましたよね、「お話しした結果、つまんない女って思われたらどうしようかと思ってた」って。

山下 思われてないですかね?

 そんなことは全然(笑)

――乃木坂46に入る前、堀さんのことはどう思っていましたか?

山下 ご自分だけにしか出せない、不思議な空気感を持っている方ですよね。カッコいいと思っていました。

 えーーーー、嬉しい!

山下 お美しくて、芯があるという。

 そんな(照)。でも、ムーンは……。

――今日からムーンって呼ぶことにしたんですよね(笑)

 そうです!ムーンは2期生からすると初めての後輩じゃないですか。私、年下が大好きなんです。保育士を目指していたこともあったので、面倒を見るのが好きで。妹ができたみたいな。

――3期生が合格してから結構経ちますが、距離は縮まりましたか?

 いや、人見知りなので……。あんまり話しかけて、ウザいなって思われたくないし……。

山下 でも、3期生はみんな、「堀さんはめっちゃ優しいよ」って言ってます。バースデーライブの時に話しかけてくれたみたいで。

 打ち上げの時に、「お疲れ様」って言ったくらいだよ。

山下 あと、堀さんは私にも話しかけてくれたんてす、「3期生の制服、かわいいね」って。しかも、1人で寂しそうに座っている私に対して! 生駒(里奈)さん以外で声を掛けてくださった、唯一の先輩なんです!

――それは意識して、ですか?

 どこかで意識しているかもしれないですけど、単純に話したいだけです。みんながいい思いをすればいいなっていう平和主義者なので。3期生といえば、向井葉月ちゃんが食いしん坊だって聞いたので、同士として目をつけております。

――これは、未央奈軍団を結成するしかないですね!

山下 希望者殺到します!

 いいですね!3期生には私が奢らなきゃいけないのかな……。目いっぱいかわいがって、破産します!

――そこまでしなくていいです(笑)。これで、人見知りの山下さんもうまくやっていけますね。

 似た者同士かもしれない。

――だって、1人でどこでも行っちゃうんですよね?

山下 はい。ラーメン、カラオケ、映画、牛丼……。どこでも行きます。

――某インタビューで「よく行く店 すた丼」と書いてあったことに衝撃を受けたんですけど。

山下 高校の時、めっちゃ行ってたんですよ!

 「すた井」って何?

――お店には失礼ですけど、部活帰りの男子高校生とか大学生が行くような丼系飲食店「伝説のすた丼屋」です。

山下 私の高校の制服には、すた丼のにおいが染みついています。

――そのうちCM来ますよ(笑)

乃木坂らしさ

――乃木坂46ってバスの座席とか、弁当を食べる順番とか、そういうルールやマナーって決まっているんですか?

 そういうのは特にないんです。それよりも、社会人として当たり前のことを求められます。例えば、「テレビ局の廊下を2列で歩くと邪魔になるから1列で」とか、「挨拶をする」とか。

――それは先輩から教えられたものですか?それとも自分で身につけたもの?

 手探りで身につけた感じです。あと、言葉遣いも見られていますから、気をつけないといけませんね。一番大事なのは、遅刻をしないこと。親からもきつく言われて、送り出されました。遅刻をすると、信用を一発でなくしてしまうので。

山下 ウチも、両親がブログや雑誌のインタビューで私が言ったことを細かくチェックしているんてすよ。「もっと積極的に発言しなさい」とか言われます。

――そういうマナーも大事ですが、後輩が先輩に混ざって仕事をする時、かなり緊張するし、困るとも思います。堀さんは特にそういう経験をしてきました。

 緊張しっぱなしでした。家に帰ってもまだ緊張が解けなくて。胃腸がやられました(笑)。「なんでこのコが(センターなんだろう)」って思われないように、自信を持っているように見せていたんです。

――そうすると、疲れますよね。

 疲れました(笑)

――山下さんも、雑誌でソロの表紙を飾ったりしているので、堀さんと似たような境遇になる可能性もありますね。

山下 相談させてください!これからどうなるか不安なので。

――現時点ではどんな心境で活動していますか?

山下 バースデーライブで先輩方と共演させていただいたことで、急に実感がわいてきました、「あぁ、乃木坂46のメンバーになったんだな」って。

――生駒さんに指摘されていたように、そういう感情は早く卒業したほうがいいでしょうけどね(笑)。堀さんから山下さんに、「乃木坂46ってこういうグループだよ」って教えるとしたら?

 AKB48さんの公式ライバルですけと、あまりアイドルアイドルしていないグループです。各メンバーが女優をやったり、モデルをやったりして、個性を活かしながら、乃木坂46という集合体になった時、普通のアイドルとは違った雰囲気のグループになっているというか?

次のページへ