いまの乃木坂46をもつと大きくもっと長く

――そして、9枚目に選抜に復帰し、そこからの活躍はもはや説明するまでもないのですが、最近の衛藤さんを見ていて思うのは、「グループのために」という気持ちが人一倍強いってことです。

衛藤 自分がどうやったら上に行けるかっていうことは常に考えています。でも、それと同時に選抜に選ばれている以上は、自分がこのグループの入り口にならなきゃいけないと思うんです。乃木坂46の看板を背負って仕事をすることも増えてからは、そこに対する意識が変わりました。

――そのフォアザチームの精神を持てるのはなぜなんでしょうか?

衛藤 単純にもっと乃木坂46で上に行きたいからです。

――今でも「乃木坂46ここまで来たぞ!」という風に、満足してしまったりはしない?

衛藤 全然。むしろ「乃木坂さんすごいですよね」って言われるたびに背筋が伸びます。そう言ってもらえるうちが華だということがわかっているからこそ、逆にそこに対して危機感を持つようにしています。アイドル界はどんどん若くて人気がある子が出てくるし、その中で良いものだけが残っていくと思うんですよ。その良いものに乃木坂46がならないと、ここまでみんなで頑張ってきたのに悔しいじゃないですか。

――衛藤さんだけでなく、乃木坂46はみなさんそういう意識を共有していますよね。

衛藤 その気持ちが全てだと思っています。今はその意識があるから雑誌や番組にも呼んでいただけるけど、それができなくなった時は下がっていくだろうなと思うんです。最近、よく聞かれるんですよ。「紅白も出場できて、歌番組もいろんなところに呼んでもらえて。いまは何を目指してるんですか?」って。でも、いまは「目指す場所」というよりは、この状態をもっと大きくして、もっと長く続けていくことが私たちにとって大事なことなんです。そのためにはいまと変わらない気持ちを、ずっと持ち続けることが重要だと思っています。

――でも、それはもしかしたら、「紅自歌合戦出場」よりも難しいことかもしれないような気がします。完全に自分たちとの戦いなので。

衛藤 私もたまにですけど、「あっ、今日の自分の態度ダメだな」って時があるんですよ。やっぱり人間なので。日々それとの戦いって感じです。その繰り返しが毎日、続いている。

――もちろんそういう日があっても仕方ないと思うんですけど、衛藤さんはカメラの前やステージの上でだけでなく、普段から乃木坂46の衛藤美彩として振る舞える人だから大丈夫な気がします。それにファンに対しても正面から向き合っているのが伝わってくるんです。

衛藤 それはお母さんに「人との付き合いを大切にしなさい」って教わってきたので、そのおかげだと思います。「どのメンバーよりも誇りに思えるところをひとつあげなさい」って言われたら、私は「ファンの方との絆」って答えると思う。さっきも話しましたけど、私を燃えさせてくれるのもファンの方だし、諦めないでいられたのもファンの方のおかげなので。

――以前、センターを目指す理由を聞かれた衛藤さんが「アイドルの本業は歌って踊ることで、その時にファンの方にいちばん喜んでもらえるポジションがセンターだから、私はそこを目指したい」って答えたことがあって。これって超シンプルな考え方なんですけど、アイドルとして理想的な考え方ですよね。

衛藤 だってどう考えてもセンターが、ファンの方がいちばん見つけやすいポジションじゃないですか!「次のシングルでセンターを狙ってます!」というわけではないんですけど、もしセンターをやるチャンスが来たら「やる」以外の選択肢はないです。だってそう考えられないなら、「日々アイドルとして頑張っているのは何のためなの?」って思いますね。アンダーにはなりたくないから選抜にいたい。でも、センターにはなりたくなくて、端っことか2列目の方が落ち着く……そういう考え方には私は逃げたくないです。「だからこそセンターを!」という気持ちは、常に持っています。

人を憎まず恨まずでも見返したい

――ここからはガラッと話を変えたいと思います。ずっと聞きたかったんですが、衛藤さんは浜田省吾さんの『MONEY』という曲が好きみたいですね。

衛藤 あははは!お正月も歌ったばっかりなんですけど!(笑)

――あっ、そうなんですね(笑)。どうしてこの曲が好きなんですか?

衛藤 お母さんの影響で、幼稚園ぐらいの時から好きなんですよ。歌詞がしびれるんですよね〜。ひどい人生を歩んできたけど、いつか叩きつけてやる……って、しびれますよね?

――しびれます!この歌で浜田省吾さんが歌っているような反骨精神は誰にでもありますもんね。

衛藤 人を恨んだり、憎んだりはしないですけど、見返したいって気持ちは大事だと思うんですよね。たとえば失恋した時に相手を見返すために綺麗になろうとか、いろんなことがあるじゃないですか。それがプラスになることもあると思うので。

――西野さん、白石さん、橋本さん、生駒さん、乃木坂46の皆さんも少なからずそういう気持ちを持って活動してきたからこそ、いま活躍できているんじゃないかと感じるときがあります。

衛藤 みんなあると思いますよ。私も大分から東京に出て芸能界を目指すって時に、地元でかなり白い目で見られましたもん。「自分のこと可愛いと思ってんの?」みたいな(笑)

――そんな感じだったんですね。

衛藤 そうですよ!僻まれまくってました(笑)

――ハハハ!

衛藤 だから後から手のひら返して「美彩、すご〜い!」って言われても、知らないからねって気持ちで上京しました。それこそアンダーの時も見返してやる!って気持ちはありましたよ。「もっと早く選抜に入れておけば良かった」って思われるくらい活躍したいなって。

――良いですね。いまは完全に「アイドル・衛藤美彩」という存在を、奴等の足元に叩きつけてますよ!

衛藤 いやいや(笑)。あと、握手会で「君は主人公になれないから」って言われたことがあるんです。もしかしたら、その人は私のことを思って言ってくれたのかもしれないですけど、その言葉に悩まされて、それも良い着火材料になりました。

――衛藤さんは誰かの言葉で落ち込んだりせずに、逆に燃えてくるっていう才能の持ち主ですよね。

衛藤 そうかもしれないです(笑)。お母さんが「いつでも大分に帰ってきなさい」って言ってくれるですよ。「そんなズタズタになって立ち直れないくらいやる必要はない」って。でも、私そう言われると逆に「絶対に帰んない!」ってなるんです。お母さんは私の性格をわかっているから、そうやって言ってくれるんでしょうね。どう声をかけたら私が頑張れるかをわかってくれているんだと思う。

――素晴らしいお母様ですね。今回のインタビューをするにあたって、衛藤さんの「逆境と戦い、這い上がる人生」のルーツはそもそもどこにあるかを考えたんですけと、やっぱり幼い頃に足の腫蕩を患って、車椅子で生活していたところがそもそもの原点だと思うんです。そこから小学校2年生で歩けるようになり、わずか1年後の小学校3年生では運動会のリレーの選手に選ばれたようですが、このエピソードを思い返すたびに、小さな頃から衛藤さんは衛藤さんだったんだなと感じます。

衛藤 ……。いま、鳥肌立ちました。いままでなんで諦めずに頑張ってこれたのか、その答えが全部このときの経験にあるような気がしました。小さいときに病気をして、もしこの腫蕩が悪性で脳に転移した場合は命もないかもしれない状況で、お母さんは私と2人で山奥に行って本当に死んじゃおうかってぐらい悩んだらしいんですよ。でも、手術をしたら奇跡的に治って。そのあとは運動もできない時期が続いたけど、その頃からずっと「美彩ちゃんは生きてるだけで幸せなんだから、ちっちゃいことに悩まないの!」って言われて育ったんです。中学生くらいのときにそこまで大きな病気だったって知って、一度失いかけた命なんだなってことに気づいてからは、なんかくよくよすることがあっても、死んでいたらこの悩みすら感じる事もできずにいたんだなって、考えられるようになりました。そもそも足があって、ダンスができて、ステージに立ってること自体が奇跡だなって思うと、少し悩んだとしても頑張れるんです。

――生死を乗り越えた人にしか出せない特別な力が、衛藤さんには宿っているのかもしれないですね。

衛藤 それはあると思います。だから私は別に自分がすごい頑張ってるって思ってないですよ。ただ自分に与えられた環境がそうさせてくれてるだけだから。壁にぶち当たった時の逃げ方、壊し方、遠回りの仕方、それぞれの人に色々な方法があると思うんですけど、私の場合は足の病気の時のことを考えられるから、人よりも上手くその壁をかわすことができているのかもしれないです。

――「救われたこの命だからこそ」って考え方が、ある意味で究極の発奮材料になっているんでしょうね。それにしても、衛藤さんはやはり「耐雪梅花麗」の人でしたね。今日のインタビューで確信しました!

衛藤 ありがたい言葉ですけど、恥ずかいからそれを言うのはやめてください!(笑)