初めてのことの連続に戸惑いながらもこの半年間を過ごしてきた3期生。そろそろ一緒に試練を乗り越えてきた仲間たちの前では自分を偽ることなく、素顔をさらけ出し始めているころだろう。というわけで今回は、期待のルーキー3人が集まり、それぞれの意外な一面やキャラクターについて話してもらった。

大園の通知表

――せっかく3人いらっしやるので、それぞれを紹介してほしいと思います。まずは、名前の順に伊藤さんのことから紹介してください。

大園 年の割には大人っぽいです。12歳だっけ?

伊藤 14歳だよ!4月から中3!

大園 そっか(笑)。めっちゃ落ち着いてるよね。

――小学校で児童会長だったんですよね。

伊藤 やってました。なんで選ばれたのか、よくわかんないんですけど。選挙に立候補したら一番多く票が入って。

山下 すごいじゃん!

伊藤 会長になりたかったわけじゃなくて、児童会に入りたかっただけなの。

――でも、伊藤さんを児童会長に投票したくなる気持ちはわかりますよ。14歳とは思えないくらいしっかりしていますもんね。

山下 たしかにそうですよね。オーディション中のSHOWROOMを見てた時から思ってた。年齢の割に大人っぼいなーって。

大園 私も思ってた。見てなかったけど。

伊藤 見てなかったんかい(笑)

山下 で、お人形さんみたいで、すんごいかわいいコだなーって思ってたけど、1人でどこでも行けちゃう行動力があるよね。自立してるっていうか。

大園 そうそう!

伊藤 一人っ子だから、そういうの慣れてるの。

山下 私も一人っ子だよ?

大園 何、この違い(笑)。頑張ってきた一人っ子と、守られてきた一人っ子って感じ。

――次に、大園さんのことを紹介してください。

山下 誰からも愛されるキャラだよね。めっちゃ人懐っこい。誰とでも仲良くなれる。

大園 そんなことないよ。好かれる人には好かれるけど、嫌ってる人もいたよ。

伊藤 人には好みがあるからね。でも、生きてて楽しそう。

山下 そうだね。人生が充実してそう。

大園 いや、波乱ばっかり!

――波乱万丈ですか(笑)

伊藤 確かにテンションの上がり下がりは激しいよね。

山下 テンションが下がると、「萎える〜」ってどっかに行くよね。

大園 ハハハハハハ!

伊藤 そう!うるさいなーって思う時もあるけど、急に寝てたりする。

大園 気分が落ちそうな時は寝るようにしてるの。そのまま起きてると、マイナスに行っちゃうから。

――小中学校の通知表には先生に何て書かれてました?

大園 2! 2! 2! みたいな。

山下 そっち(笑)。成績じゃなくて、先生からの一言コメント欄みたいなのがあるじゃん。

大園 そっちか(笑)。「落ち着きがない」とか「提出物をちゃんと出しましょう」とか。でも、「桃子さんのいいところは素直なところです」って書いてあった。

伊藤 そう!正直だよね!

大園 その後に、「素直過ぎると人を傷つけるから気をつけて」って。

伊藤山下 ハハハハハハ!

山下 そうだ!そういえば、オーディションの時に隣だったんだけど、「死にた〜い」ってずっとつぶやいてたよね。

伊藤 そう!怖かった!この人はなんでここに来たんだろうって思ってた。

大園 最初はみんな「大丈夫だよ」って励ましてくれてたのに、最後は誰も近寄って来なくなった(笑)

山下 鹿児島から上京してきて、慣れない環境に緊張している気持ちもわかるから、私も最初は励ましてたんだけどね。だって、300回くらい言ってたよね?周りはシーンとしてるのに。

伊藤 シーンとしてるから、その声が木霊するの(笑)。それで、まだしゃべったことないコに対して、「私、キモいですよね?」って聞いてて(笑)。いきなり「キモいです」なんて言えないから、誰も何も答えられなくて。

――たしかに初対面の人に「死にたーい」と言われたら、リアクションとりづらいですね(笑)

あたりめが主食

――山下さんの紹介をお願いします。

大園 オーディションの時から完壁だと思った。「輝く」って感じ!

伊藤山下 ハハハハハ!

――まさかの動詞攻め(笑)

大園 何をやっても輝いている。ing!

伊藤 ステージでは、ね。

山下 「ステージでは」?

伊藤 ただの変人ですから。

大園 ちょっと変だよね。

山下 ハハハハハ!

伊藤 こんなね、大和撫子みたいなイメージしてますど、変人ですから!今日はちょっと体調が悪いみたいで、「私、ゲロゲロパーなんだよね!」って。

――意味わかんないです!

山下 「体調が悪い=ゲロゲロパー」なんです。

伊藤 脳の構造が変(笑)

山下 ホントは正統派でいきたいの!

大園 舞台に立つとそうなんだけどね。

伊藤 そう。一見するとキラキラした正統派アイドルなんだけど、周りからは「その路線は無理でしょ」って言われてるよね(笑)

大園 なんか、おつまみをいつも食べてるよね。

伊藤 あたりめ!

大園 「金魚のエサの臭いがする!」って言っちゃったことがある(笑)

山下 私のせいで3期生の楽屋はいつも臭うっていう。先輩の前ではシュークリームとかイチコを食べます。

大園 あざとーーっ!

伊藤 見た目は東京のJKだし、実際のノリもそうなんだけど、中身はおじさんだよね。

――ここまでの話で3人のキャラクターはだいたいわかりましたが、3期生全体を見たときにどんな集団かっていうのも、教えて頂きたいです。

伊藤 ……食い意地集団。

山下 あー、そうだよね。みんなお菓子大好き。食べ物の話しかしない。

――差し入れがドーンと届いたら?

大園 食べたい……(ゴクリ)

伊藤 一瞬で手に取ります!

山下 3秒後には胃の中です。

――電光石火ですね。他には?

伊藤 個性がバラバラです。キャラが被ってるコがいない。

大園 そう。みんな個性が強いよね。

――撮影の合間のわちゃわちゃした感じを見ていると、1期、2期よりも明るいなって思います。

山下 学校っぽい雰囲気はあるかも。

伊藤 3期だけでいるとそうだよね。

――カメラの前や先輩と一緒だとまだ慣れていないからそうでもないですけど、心を開くのが早いメンバーが多いなと。

山下 全員か同級生みたいな感じはあります。

――だけど、衣装に身を包むと乃木坂46っぽくなるのがすごいと思います。活動を始めて数か月経過しましたが、意識は変わってきましたか?

山下 2月のバースデーライブで先輩たちと同じステージに立って、自覚を持たなきゃいけないのはわかっているんですけど、どうしても先輩たちの背中が遠く感じてしまいました。これから追いついていかないといけないのに。

伊藤 私は、もっとしっかりしないといけないんだなって思うようになりました。歌番組でけやき坂46さんが挨拶とかすごくしっかりしているのを見て、3期は全然できていないってことに気がついて。会議しようって集まったよね。

山下 そうそう。

次のページへ