主力エースの卒業で目まぐるしく変化を遂げているNMB48。渦中の内側にいるメンバーは一体何を思うのだろうか?吉田朱里と、ステージやネット上で数々のパンチラインを残す須藤凛々花に現状と未来を語ってもらった。2人が構想するグループの未来、そして迫る総選挙がもたらす意味とは。

卒業コンサートの裏話

――まずは4月10日の上西恵さんの卒業コンサートについて伺います。上西さんを慕っている須藤さんは珍しく号泣していましたね。

須藤 はい(笑)。

吉田 けいっちのことになると、な?

須藤 そうなんです。卒業発表の時も泣いてたんですけど。みんながドン引きするくらい泣いちゃって。

吉田 普段は感情を表に出さないのに、けいっちのことになると感情豊かになる。

須藤 それだけ思い入れがあるんです。

――相談をしていた関係ですもんね。

須藤 頼れる先輩第一号です。特にダンスをサポートしてもらいました。私が入った頃のチームNは1期生がかなり残っていたんですよ。

吉田 威圧感が漂っていた(笑)。

須藤 『ここ天(ここにだって天使はいる)』公演のオリメンの中で新人が踊らないといけないっていう。

吉田 岸野里香、渡辺美優紀……。バリバリいましたね。あの頃の凛々花は見てられへんくらい可哀想やった。でも、自分でやらないとあかんから。

須藤 あまりに踊れなくて、初日が遅すぎて。

――そんな状態の須藤さんを助けてくれたんですね。コンサートのセットリストはかなり泣かせにかかっていましたが、考えたのは上西さんが?

吉田 そうです。私がやりたいって言ったのは、『儚い物語』ぐらいで。

――リハーサルの時点で泣くようなことってあるんですか?

吉田 出番か多いと覚えることも多くなるから、そっちで頭がいっぱいになるから、そうでもなかったですね。卒業の相談も受けていたから、気持ちの整理がついた上で当日を迎えているので。実感は少しずつわいてはいますけどね。

――コンサートの裏話的なものって何かありますか?

吉田 恵ちゃんはメンバーのことをすごく考えて、セットリストを作ってくれたんです。最後までメンバーのことを思ってくれたんだなって伝わりましたね。それにメンバーはもっと気づいてほしかったので、本番前に言いました。自分の卒業コンサートなのに、グループの未来を考えてくれたんですよ?そこが恵ちゃんのすごいところです。気づいてるメンバーはたくさんいたことはいたんですけど。

須藤 そうですね。

吉田 若いメンバーにも伝われば、と思いました。

――そうだったんですね。では、その翌日の薮下柊さんの卒業コンサートはいかがでしたか?

吉田 柊ちゃんらしいセットリストでしたね。明るくて、熱くて、フアンの方が一番盛り上がるような。メンバーみんな後半に向かうにつれて、どんどんエンジンがかかっていきました。『とどとど(届かなそうで届くもの)』なんかかなり熱かったよな?

須藤 みんなめっちゃ沸いてました!

吉田 熱気を感じましたね。

須藤 汗がすごかった(笑)。

吉田 ヤバかったな。

――吉田さんは『渚のCHERRY』を歌っていましたね。

須藤 素晴らしい!

――吉田さんみたいに知られている1期生がああいうフレッシュな曲をやると、グループ全体の見え方がよくなるなと思いながら観ていました。

吉田 ホントですか?頑張ってよかった(笑)。

――須藤さんは『ドリアン少年』で毎回煽りを工夫してますよね。

須藤 あれは、リハとは絶対に変えようと思っていて。

吉田 たしかにいつも違うよな。いつも楽しみにしてる。

須藤 飽きられるのが一番怖いことですから。現場の特別感を出したいので、ヲタク視点で。

――ラップ視点ではなく?

須藤 それもあります!フロウとかつけとこうかなって。

吉田 ハハハハハ!

48グループの未来

――上西さんは、山本彩さんがいない時にグループをまとめてくれる役割を担っていた印象があります。今後、その役割は誰が引き継ぐんですか?

吉田 それは難しいですね。恵ちゃんはメンバーひとりひとりに寄り添って、メンタルを保護してくれるタイプで。

須藤 そうですね!

吉田 そういう人はなかなかいないから……凛々花がやる?

須藤 やります(笑)。

吉田 5期生にはすごく優しいもんな?

須藤 ここ最近は人とのかかわりがめちやくちゃ増えました。渋谷凪咲ちゃんのことを「凪ちゃん」って呼べるようになったし。

吉田 そうなん!?

須藤 「凪先輩」だったんですけど(笑)。お互いに大切なパートナーがいなくなる同士なので。今度ご飯に行こうって約束したりして。あと、アポなしで上西さんの家に突撃できるようにもなったんです、鍋の具材持って。自分からメンバーに絡めるようになりました。

――ちょっと遅い気もしますが(笑)。特にかわいがっている後輩は?

須藤 水田詩織ちゃん、石田ももるん(桃夏)、上西怜ちゃん、山田寿々ちゃん……5期生は全員ですね(笑)。

――このところ、NMB48は卒業生か続出しているじゃないですか。若手の西仲七海さんまで卒業発表して。

吉田 もうショック!

――ですよね。外側にいるとわからないんですが、グループの内側にいるとどう感じているんですか?

吉田 それぞれの道を見つけているから卒業という選択をしているので、それは頑張ってほしいと思っています。でも、グループで何かひとつ目標を定めないといけないと感じていて。

須藤 そうですね。

吉田 以前なら紅白歌合戦に出たいとか、大阪城ホールに立ちたいとか、グループとしての目標があったんです。でも、最近はメンバーそれぞれが目標を持って、各ジャンルで活躍できるように……っていう方向だったと思います。次の段階としては個人が得たものをグループに持ち帰って来るっていうことにしないと。そうじゃないと、NMB48では何を頑張ればいいのかわからないし、気持ちがバラついてくるんです。

須藤 個人仕事とリンクするようなグループとしての目標がほしいですね。あと、何かと敵対したらNMB48は強い。

吉田 たしかに(笑)。

須藤 今、立ち向かうべき相手は、坂道だと思います。

――いきなりストレートで攻めてきますね(笑)。

須藤 親和性はあると思うんです。NMB48と坂道のファン、ってかぶってるなって感じるんです。

吉田 うん!まず、若い女の子が多いもんな?

須藤 そうですね。

吉田 あと、ミーハーが多い。

須藤 ハハハハハ!あと、アイドルらしくない感じというか、他のアイドルとは違うぞっていうプライドを持っているところが似てますね。

――坂道の勢いは大阪でも感じますか?

吉田 感じます!欅坂46のメンバーが私の女子力動画を見ているってブログで書いてくれたみたいで、すごいツイッターで拡散しましたから。応援していて楽しいだろうなって思います。AKB48だったら坂道のことをあまり話題にしないじゃないですか。

――それはありますね。

須藤 でも、あえて「坂道はヤバい」って言っちゃって、後輩に戦いを挑むっていうのもカッコいいかなって。

――そういう話はメンバーとします?

須藤 キャプテン(山本彩)とか。

吉田 さや姉は乃木坂46に対して、何か思うところはあるんじゃないかな。

須藤 「NMBの目標、何にする?」みたいな話はしますね。

吉田 坂道のことが頭にあるから、「乃木坂やったら、こうしてくるから」って言いますから。ご飯に行って、語り出したら止まらないですよ。大人の会議みたいになって(笑)。

須藤 そういえば、この間、太田夢莉ちゃんと横山由依さんとなぜか3人でご飯に行くことになって。その時激アツでした(笑)。「これからの娼48グループは……」みたいな。

――どんな話をしたんですか?

次のページへ