近くて遠い南九州の、海を隔てた場所に位置する沖縄県と熊本県代表の宮里莉羅倉野尾成美。県民性がにじみ出る宮里と、西日本組を引っ張る倉野尾のチームメイトを越えた関係性はどのように生まれたのか?”りらなる”コンビ、念願の初対談がついに実現!

そして母になる

――チーム8のペアで組み合わせを考えたんですけど、真っ先に浮かんだのがこの2人でした。

倉野尾 嬉しいです!「誰と対談したいですか?」っていうアンケートがある度に「宮里莉羅」って書いてましたから。

宮里 私も、いつかなる(倉野尾)と対談したいなと思っていたので。

倉野尾 3年経って、やっと叶いました。りらには何でも話しているから。

――宮里さんは初登場なので、倉野尾さんから紹介してください。

倉野尾 3年の付き合いですけど、性格はまったく変わっていません。少しだけ大人になった?基本的には子供です。

宮里 ハハハ!

倉野尾 3年前はもっと子供でした。「アイドルの資格あるの!?」っていうくらい日焼けしてて。やっと最近、日焼けを気にするようになって。

宮里 ハハハ!

倉野尾 走り回って、すぐ転ぶし。

宮里 ハハハ!

倉野尾 いつもひざにかさぶたがある。

宮里 ハハハ!

倉野尾 ケータイを落とす回数がヤバい。

宮里 ハハハ!

倉野尾 歌とダンスはしっかりしています。自分を持っている踊り方っていうかいつもアイドルの映像を見ているからだと思うんですけど。

宮里 アイドルが好きなんです。

倉野尾 あと、遅刻が多い!ホテルでよく同部屋になるんですけど、私は1時間前に起きてるのに、りらは必ず二度寝するんです。出発の5分前にならないと起きない。

――いわゆるウチナータイムですか?

宮里 そうです!

倉野尾 九州メンバーには”10分前行動”っていう暗黙のルールがあるんですけど、りらだけは違うんです。3年前に比べたら直ってきましたけど。私が怒ったので。

宮里 4月に高校生になって、さすがに自分で起きなきゃと思って。朝はちゃんと自分で起きてます。普段は7時15分に起きてるんですけど、7時11分に目覚ましをセットして、一度は起きるんだけど、二度寝して、7時14分に起きて、「OK!」っていう。

――何がOKなんですか(笑)。

倉野尾 入りたての頃は、「遅れていいもん」とか言ってたから、布団はがしてました。何回か説教してるよね?

宮里 うん!「早く寝なきゃダメだよ」って。東京に泊まると、テレビのチャンネルがすごいんですよ。沖縄ってチャンネルが少ないから、「こんなにあるのか!」って興奮しちゃって。

――チャンネル数に興奮しますか(笑)。

宮里 それで、寝るのが3時くらいになっちゃうんです。でも、私は沖縄ではしっかりしているほうなんです。沖縄の友達は、みんな時間通りに来ないんです!1時間遅刻とか当たり前で。

倉野尾 ハハハハハハハ!

――では、宮里さんから倉野尾さんの説明をお願いします。

宮里 なるは、初期からめっちゃしっかりしていました。冷静に物事を見ていて、「1歳しか違わないのにこんなに違うんだ!」と思って。2人でお仕事をする機会が増えていって、だんだん仲良くなりました。今では、「会いたいね」ってよく連絡を取っています。先輩メンバーと公演に出たりして得たことをエイトのメンバーに教えてくれます。りらのお姉ちゃんみたいな感じです。なるがいないと、今のりらはもっとひどかったと思います。

倉野尾 フフフフフ。

宮里 メンバーからは、「なるはりらのお母さんみたいだね」って言われてて。

――お姉ちゃんなのか、お母さんなのかよくわからないですけど(笑)。

倉野尾 最初は南九州の谷口もか(=宮崎県代表)と下青木香鈴(=鹿児島県代表)と4人でいたんです。16人でお仕事をする時に、私とりらが選ばれることがあって、それで話すようになりました。4月にお披露目して、6月にはもう仲良しになっていました。で、夏にはお母さんになった(笑)。

悲しみの国際通り

――ケンカしたことってないんですか?

宮里 1回だけあります。

倉野尾 1回じゃないよ!最初のケンカは2014年の秋。原因は、私が中野郁海(=鳥取県代表)と2人だけで遊んだことで。

――なぜケンカにつながるんですか?

倉野尾 当時、私とりらと郁海の3人で行動することが多かったんですけど、郁海が遊びたいっていうから、2人だけが福岡で遊ぶことになったんです。そこでプリクラを撮ったんですけど、りらのイラストをそのプリクラに描いて、3人にしたんです。でも、りらはそこに自分がいなかったことが悲しかったらしく。

宮里 嫉妬です(笑)。

倉野尾 「りらは沖縄だからさすがに呼べない」ってことになったんです。遊ぶことを言ってなかったこともあって、怒られました。それが9月か10月の話で、11月にもケンカしたんです。私の誕生日に。

――本来はハッピーな日に!

倉野尾 私の誕生日に沖縄でイベントがあったんです。その前日の夜、私が友達とLINEしてたんですね。そしたら、りらが画面を覗いてきて。

宮里 ハハハ!

倉野尾 その時、友達とふざけたLINEしてたから見られたくなかったんです。それで、「見ないで!」って強めに言ったら、怒っちゃって(笑)。

宮里 めっちゃ強く言われたんで、「えっ……」ってなって。

倉野尾 同じ部屋に泊まるはずだったのに、りらは違う部屋に行って戻って来なかったんです。しょうがないから、私は寝たんですけど、次の日が私の誕生日なんですよ。りらとは気まずいけど、イべントはやらないとしょうがないじゃないですか。曲中、目が合うシーンが結構あるんですよ。それがホントにキツくて(笑)。朝のリハーサルから涙が止まらなくて。トイレで泣いたんです。

宮里 ハハハ!

――笑ってる場合じゃないですよ!

宮里 『ヘビーローテーション』の♪いつも聴いてた〜のところ、顔を近づけて2人で歌うパートなんですけど、あそこが一番ヤバくて(笑)。なるの顔を見たら、りらも泣きそうになって。誕生日なのに何やってるんだろうと思って。

――仲直りはしたんですか?

倉野尾 それが、その日はできなかったんです。

宮里 帰る前に雑誌の企画で那覇の国際通りに行って、メンバーみんなでお買い物をするっていう撮影があったんですけど、そこでも一言もしゃべれなくて。

――悲しみの国際通り(笑)。

宮里 郁海発信で、山田(菜々美=兵庫県代表)と郁海とりらとなるがおそろいのストラップを買おうってなったんですけど、「でも、まだ仲直りしてない……」って複雑でした。ハハハ!

――だから、笑い事じゃないですよ!

倉野尾 仲直りしたのは12月に入ってからなんです!長崎のツアーの練習があって、りらと私が『となリのバナナ』を、ペアで歌うことになってたんです。そのレッスンに向かう移動のバスが2人きりで。「最悪だー」と思ったんですけど(笑)。いつもなら隣の席に座るのに、離れた席に座っていて。

宮里 そうそう。

次のページへ