――パン教室に通っちゃったり?

渡辺 あー、楽しそう。

――渡辺さんは変わった扱いをされることも多いと思うんですけど、そんな渡辺さんから見て変わり者のメンバーって誰になりますか。

渡辺 (即答で)なーこちゃん。

――そこはやっぱりそうなんですね。メディアに出ているときの渡辺さんはわりと自分の実像に近いと思います?

渡辺 うーん……実際はもうちょっとしゃべります。

――インタビューで口数が少なくなるのは緊張からなんですか?

渡辺 質間されて答えるのが苦手です……どう考えているのかとか、頭のなかで文章がつくれなくて。

――それで単語で答えることになるわけですね。

渡辺 はい。でも、友達と会話しているときも結構単語で話してるかも……。

――でも渡辺さん、握手会では自分から積極的に話すって聞きますよ。

渡辺 フフフフフ……でも単語で答えてます。

――握手会ではどんなことを言ってくる方が多いですか?

渡辺 うーん……。

――たとえば「応援してます!」って言ってきたら?

渡辺 「ありがとう!」って。

――そりゃそうですよね……じゃあ「今日なに食べたの?」って聞かれたら?

渡辺 「パン!」って。フフフフフ。

――やっぱり単語のやりとりになるんですね(笑)。でも緊張してうまく話せない方もいますよね?そういう場合は渡辺さんから声をかける?

渡辺 はい。「どこから来たんですか?」って。

――握手会のときに心掛けていることはなんですか?

渡辺 長い時間並んできてくれるから楽しかったと思ってほしいです。

――渡辺さんの握手は非常に楽しいと評判ですよね。

渡辺 やってと言われたことはなるべくやってあげたいです。

――じゃあ「レボ☆リューション!」なんて数え切れないぐらいやってるんじやないですか?

渡辺 はい。

――ファンの方にはベストな対応を尽くしたい、というのはグループに入ったときから心掛けていたことなんですか?

渡辺 でも最初はしゃべるのが苦手だったから怖かったです。

――グループに入ったとき、渡辺さんは何歳ぐらいまでアイドルを続けたいと思っていましたか?

渡辺 フフフフフ……30歳までやりたいです。

――30歳ですか。それがひとつの目標としてあるんですね。

渡辺 うーん、何歳までできるんだろう?

――できる限り続けたいと?

渡辺 うーん……。

――なぜそう思うのか、ぜひ聞きたいですね。

渡辺 みんなで30歳までやれたらいいなって。

――それはなぜ?

渡辺 うーん……メンバーがひとりでも欠けるのが想像できなくて。

――でもアレですね、「みんなで30歳までやれたら」って話してましたけど、よく考えたらメンバー全員同い年というわけではありませんからね。

渡辺 そっか!いちばん下のメンバーが30歳になったころには私40歳とかになってる……。

――ですね。平手(友梨奈)さんが30歳のときに渡辺さんは……37歳とか?

渡辺 確かに……怖い怖い怖い!

――では、渡辺さんは37歳までアイドル活動を続けていただくということで。

渡辺 フフフフフ……さすがに無理かも(笑)。

――30歳まで続けたいというのはメンバーやグループに対する愛情からですか?それともアイドルというお仕事が好きだから?

渡辺 うーん、どっちもです。

――このお仕事は向いてると思います?

渡辺 辞めたらなにをしていいかわからない……。

――ある意味、グループのなかでいちばんアイドルに向いてるんじゃないですかね?

渡辺 えーっ!

――というのも、アイドル以外のお仕事をやっている姿がイメージできないんですよ。

渡辺 フフフフフ。

――アイドルになっていなかったらなにをやっていたんでしょうね。

渡辺 引きこもっていたかもしれない……フフフフフ。

――アイドルは天職だと思ってます?

渡辺 思います。

――なかなかそれを言える人もいないと思うんですよ。半信半疑で活動している方も多いと思いますから。

渡辺 えー、わかんない……。

――もういろいろなところで聞かれていると思うんですけど、渡辺さんがオーデイションを受けることになったときのエピソードが大好きで。

渡辺 なんですか?

――就活で50社落ちたっていう。

渡辺 あー(笑)。あんまり記憶がない……フフフフフ……。

――これは決して馬鹿にしているとかではなく、その事実がもう渡辺さんにとってアイドルが天職であることの裏付けになっているという、素晴らしいエピソードだと思うんですよ。そもそもなぜ欅坂46のオーディションを受けたんでしたっけ?

渡辺 ずっと興味はあったんですけど、オーディションを受けたことが一度もなくて。

――あー、これが初めてのオーディションだったんですね。普通の企業のほうがよっぽど入りやすいはずなのに……本当にミラクルガールだと思いますよ。

渡辺 フフフフフ。

初ランウェイを経験そして結婚願望は?

オーディシンに合格して欅坂46の一員として活動していくことが決まったとき、自分のなかで誓ったことはありますか?

渡辺 誓ったこと……なんだろう……!

なんでも構わないですよ。

渡辺 ………がんばろうと思いました。

欅坂46での活動は、いままでの人生でいちばん熱くなれている時間だと思います?

渡辺 そうですね。

人生でつらかった時期はありますか?

渡辺 あまりないかもしれないです……あ、就活はつらかった……フフフフフ。

グループに入ったことによって性格的に変わった部分はあると思います?

渡辺 うーん、変わったと思います。

どのあたりが?

渡辺 うーん、どこだろう……フフフフフ……わかんない。

でもなんとなく変わったような気はすると。

渡辺 はい。

学校にいたときと、いまこうしてグループで活動しているとき。集団のなかに入ったときの自分のポジションはそんなに変わらない?

渡辺 変わらないと思います。

学校のときはどういう立ち位置でした?イケてるグループに入っていたとか、一匹狼だったとか。

渡辺 真ん中ぐらいのグループです。

いろんな立場のコたちとコミュニケーションがとれるような。

渡辺 はい、普通に。

特に目立ちすぎるようなこともなく。

渡辺 はい。

渡辺さん、グループに対する愛情は人一倍強いと思います?

渡辺 どうだろう……ふーちゃん(齋藤冬優花)とかも強いと思います。

次のページへ